戦姫絶唱シンフォギアGX #02「世界を壊す—その前に」

怒涛のシンフォギア2話目。
今回の敵キャラと響たちの顔合わせの回ですが
それだけではとどまらないことに…。
どうする、どうなる

Exterminate

2話からOP解禁です。
動くし情報量も多いし
出し惜しみない感じでわくわくが止まりません。

箇条書き目まとめます。

・5つ文様はおそらく錬金術の四大要素、水・土・空気(風)・火と、なんだろう(エーテル?)?
・登場する剣がドヴェルグ=ダインの遺産、魔剣「ダーインスレイヴ」?
・火刑は1話のキャロルの父親のやつ?
・今のところLinkerなしでの戦闘が認められないフィーネ組がどうやってシンフォギアを纏うのか
・コンバーター破損の為、形成されないマリアの「アガートラーム」はどうやって
・キャロルとエルフナインの関係性
・キャロルたち錬金術チームの登場シーンが7分割。
 現在登場しているのは、キャロル、エルフナイン、レイア、ガリィ、ミカ、ファラの6キャラだけど
 残る2つのコマはだれ(2キャラではなく1人)? 公式にあるレイアの妹さん?
・OPの通りの対決なら、ガリィVSマリア、ミカVS調・切歌、クリスVSレイア、ファラVS翼?
・攻撃見てると、レイア(土)、ガリィ(水)、ミカ(火)、ファラ(風)の属性っぽい?
・ラストでキャロルが展開している術式が色的に、水・土・火っぽいけど、風がないのはなんで?

また、2014年のシンフォギアライブで書かれた
武士ノイズとバナナノイズが登場しているあたり
スタッフの遊び心を感じます。
というか、意外と重要な立ち位置でした。

戦ってもほしい真理

2期のウェルの時もそうでしたが
響は「シンフォギアで戦ってるという」という揺さぶりに弱い。
響にとっては助け、守る力ですが、脅威的な力であることは確か。
力と暴力の違いなんて本人にしかわからないもの。

キャロルの言う「お前【も】」という言葉が指すのは父親でしょうか

フロンティア事変の顛末

切歌・調たちがリディアンに転校してくる流れをマリアの回想とともに説明。
詳しいことは「G」のほうのサイトに記載がありますので
そちらを見ていただけると分かりやすいかも。
劇中ではマリア司法取引のシーンのみですが、
実際は「不都合な真実」を闇に葬るため米国政府が国際法廷での審議を要求。
ウェル、マリアだけにとどまらず、未成年の切歌・調まで死刑が求刑されることになります。
しかし、斯波田さんの働きにより、フロンティア事変自体を「そんな事実などない」と米国政府は終始主張。
結果、ウェル博士、マリア、調、切歌の罪状は消滅。
死刑適用が回避されることになり、逮捕者全員は国連指導の特別保護観察下に。

1話でファラが言っていた情報操作による汚れた英雄というのは
ここら辺のことを言っているわけです。

時系列

この回演出の都合か、若干時系列がわかりにくい。
シーンで言うと、
未来たちの帰り道 ⇒ 切歌と調ニュースで爆発するヘリを見る ⇒
クリス・レイア戦 & 翼・ファラ戦 ⇒ 響、キャロルと出会い攻撃を受ける
という流れでしょうか。

きねくり先輩

最初言われたとき何のことかと思ったんだけど
きねクリス先輩ってことか

TRUST HEART

クリスの変身バンクとともに
今回のイチイバルの曲。
「バーン」がなかったのが残念。

時系列が前後していますが、前回ラストのクリスの「敵だ」というのは
やはりレイアでした。
決定打を出せないまま、謎の影によるヨット攻撃から退却することに。
この巨大な影は何でしょうか?
OPのところでも書きましたが、レイアの妹さんでしょうか?

ドヴェルグ=ダインの遺産の行き先

エルフナイン、クリスと出会う。
ドヴェルグ=ダインの遺産の行き先は意外性もなくシンフォギア装者でした。
「キャロルの錬金術から世界を守るため」に装者を探していたという。
装者の情報にしても、目的にしても。誰か教えたものがいるのか、
エルフナインの行動の背景が気になるところ

ちなみに、クリスがエルフナインのことを
「252がいる」と話していますが、
「252」とは東京消防庁の無線通信用の通話コードで、
「逃げ遅れ」という意味で使用されます。
「逃げ遅れの生存者が居る」ということです。

俺が出る!

ノイズには弱いが人相手であるなら装者より強いでおなじみの指令自ら戦場に出ようとしますが止められる結果に。
SONGとして再編成されたことで人員も多くなり
確かに指揮系統が麻痺しかねない。
まあ、指令でていったらそこですべて解決しそうですしね(力で)

思い出の採集

ガリィ登場。
キャロルと響の邂逅を撮影した一般人にキスをし
1話のファラ同様相手を衰弱させていますが
キャロルのいう「思い出の採集」とはこれのことでしょうか?
ファラとガリィの行動が同一かは今のところ不明ですが
生体エネルギーを吸収しているわけではなさそうですね。

Beyond the BLADE

翼さんの新曲まさかの英語タイトル。

2期では完全に盾扱いにされていた天ノ逆鱗(形態)ですが
1話に続いて一応登場。
できれば、ちゃんとした天ノ逆鱗みたいなぁ。
それにしても、今回のファラ戦で見せた弾かれた刀の形態を変えるという手段。
今までにないのでなかなか面白いです。

緒川さんの手伝いでマリアとの逃避行、
というわけではありませんがクリス同様逃げの一手。

今期は奏さんに全く出番がなくその分マリアとのイチャイチャが見れる気がする。

アルカノイズ

2期以来観測がされていないため
バビロニアの宝物庫にてソロモンの杖とともに
焼失したものと思われていましたが
クリス、翼ともにノイズと闘うことに。

キャロルいわく、ノイズではなく「アルカノイズ」とのこと
今のところ、アルカノイズがすべてのノイズを意味するのか、
ギアを破壊したノイズのみを表すのかはわかりません。

錬金術のに「アルカヘスト」というあるゆるものを溶かせる溶媒があるのですが
ギアを溶解したとこを見るとここら辺が名前の由来なのかな?

気になるのが倒されたノイズが砕けず赤い煙を出して消滅する点。
やはり、錬金術で生み出された形は同じだけど、性質の異なる別の種なのでしょうか。

ギア破壊

変身バンク登場の回に破壊されるアメノハバキリとイチイバル。
これってパワアップへの布石だと思うんだけど、さて。
いずれにしても、壊れたギアの修復が可能なのか。
可能の場合誰がということになりますが、
フィーネがいないのでさてどうなるか。

そんなわけで3話に続く。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

[:!:] [:汗:] [:メモ:] :wink: :twisted: :roll: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-D :-? :) :( :!: 8-O 8)

return top