戦姫絶唱シンフォギアGX #05「Edge Works」

響の敗北とプロジェクトイグナイトの承認。
いやな予感を残して物語は進みます。

全治1週間

前回のミカとの戦闘から1週間、目を覚まさない響。
この間、キャロル組が行動をしていないのが不穏すぎる。
装者の準備か、プロジェクトイグナイトの進捗を待ってのことだとしたら
いやな予感しかしない。

私立リディアン音楽院の授業風景

考えてみると授業はほとんど響が怒られるシーンでしかでなかったため
こうした風景は意外と貴重。
(Gではクリスの授業風景がありました)
細かいとこはわかりませんが、未来はピアノ専攻なのかな?

過去の記憶

キャロルの記憶をインストールされたエルフナイン。
廃棄シリーズすべてがそうだったのか、それとのエルフナインが特殊なのか?
おそらく後者っぽいですが。
思い出という言葉がキーワードになっているのでなにかしら意味のあることなんだろうけど。
キャロルに何かあった時の、バックアップ的な意味合いなのかな?
そうなるとエルフナインの存在がやはり胡散臭くなってしまう。

プロジェクトイグナイト全貌

エルフナインの手作業によるプロジェクトイグナイト。
この1週間で進捗は89パーセント。

ちなみに、
第一号聖遺物は翼の「天羽々斬」。
第二号聖遺物は一度フィーネによって紛失したクリスの「イチイバル」。
そして、第三号聖遺物は奏から響に託された「ガングニール」。

潜入美人捜査官メガネ

G4話にて調と切歌がリディアン音楽院の秋桜祭に潜入する際にも用いたパーティグッズ。
こんなものにお金かけないでもっといいもの食べればいかったのに…。

model_K

奏用に調整されたLiNKER。
一応、状況から推理した感じですが、個人的にフィーネの記憶が関係している気がします。
じゃないとあそこまで正確に探し出せないのでは。

アルカノイズ

ノーマルノイズのレシピを基に、錬金術で生成したもの。
ただ、ノーマルノイズがもつ防御性能をシンフォギアすら分解する分解能力にあてたため通常物理法則がある程度有効になっている。

ジェノサイドソウ・ヘヴン

3話の切歌に続き、5話では調のバンク登場。
てか、ヨーヨー。
しかも、ストリングプレイスパイダーベイビー決めてるし!

切歌同様2人変身用のバンク有っぽいけど、さていつ出るんでしょうか?

響パパ

詳しいことはG公式「ライブ会場の惨劇と立花家」で。
簡単に描くと、
ライブ会場の事故で響パパの会社の取引先の社長令嬢が落命。
対して響が生存したことが社長の耳に入り契約は白紙に父親はプロジェクトから外されることとなる。
社内での立場が悪くなりプライドを引き裂かれたパパはある日、会社に行くといったまま行方をくらませ、二度と家に戻ることはなくなってしまう。
響が父から託されたものはあったのだろうか?

エルフナインのお願い

翼とクリスへのお願い。
さて、なんなのか?

Just Loving X-Edge

Gでの「Edge Works of Goddess ZABABA」は対決の歌でしたが、今回は共闘の歌。
しかし、女神ザババが振るった一対の武器、紅刃シュルシャガナと碧刃イガリマに備わっているユニゾン特性をもってしてもミカを撃破すること叶わず。

それにしても、キャロルたちの会話を聞いていると高濃度フォニックゲインが必要っぽいけど、チフォージュ・シャトーの起動に必要なんだろうか?

振りぬけば風が鳴る剣

そして、翼とクリスの曲「BAYONET CHARGE」
1話の「RADIANT FORCE」同様にGXではユニット曲が多い。
おそらく、BDの特典CDにつくのでしょうがものすごい豪華さになりそう。

一瞬映るギアのコンバーターの形状が変わっているのはダインスレイフの影響かな?

CM

黒バックのエンドロールと特殊EDで安心していたのですが、DVDのCMで変なフラグ立てていった指令と緒川さん。
次回はいよいよ強化型シンフォギアお披露目なんだろうけど、枕を高くしてメるどころじゃない…

そして、次回に続く。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

[:!:] [:汗:] [:メモ:] :wink: :twisted: :roll: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-D :-? :) :( :!: 8-O 8)

return top